スポンサードリンク

忘れてはいけないこと

幼児を教えるときに忘れてはいけないことが
2つあります。

1・教える側の心構えと態度。

2・文字の大きさと、何をどういう順番で見せるか

です。

覚えておかなければいけないポイント

ここで具体的な方法を説明する前に、子供について覚えておかなければならない重要なポイントを整理しておきます。

1. 5歳前の子供は、膨大な量の情報をたやすく
  吸収することができます。
  4歳前ならもっとたやすく、もっと効率がよいです。
  3歳前ならさらにたやすく、もっと効率がよく、
  2歳前ならなおたやすく、もっと効率がよく
  吸収することができます。

2. 幼児は驚くべき速さで情報を受け入れることができます。

3. 幼児の吸収する情報が多ければ多いほど、記憶に残る情報も多くなりま  す。

4. 幼児にはすさまじいエネルギーがあります。

5. 幼児には学習への途方もない欲求があります。

6. 幼児は読むことを学ぶことができ、
  読むことを学びたがっています。

7. 幼児はひとつの言語を完全に覚え、
  さらに接する機会のあった言語を、ほとんど何語でも
  学ぶことができます。
  そして、話し言葉をたやすく理解できるように、
  一ヶ国語でも何ヶ国語でも、たやすく読めるようになります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。