スポンサードリンク

中断するとき・・

時によっては、何週間、あるいは何ヶ月も
中断しなければならないこともあります。

たとえば、妹や弟がうまれたとき、引越し、旅行、
家族の病気のときなどは、当然、毎日の生活も
いつもどおりというわけにはいきません。


長女の場合は、次女がお腹の中にいるとき
逆子で早期出産の可能性があったり、他の理由で
わたしが入院することになってしまったので、
主人の両親にあずけなければならなくなりました。



そんな特別な事態の時には、プログラムをそっくり中止して、
その分、子供に本を読んであげてください。できる範囲で。


無理をして中途半端にプログラムを行えば、
あなたにも子供にもフラストレーションに
なってしまいます。


事情がよくなり、いつもどおりのプログラムが
行えるようになったら、前にやめた時点から始めること。

前に戻って復習したりしないことです。


ほどほどの量でやろうと、がんばって盛りだくさんに
しようと自由ですが、一貫して継続できる程度の量を
選ぶことです。そうすれば、子供の喜びも自信も日々
着実に大きくなっていくのを見ることができるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24788632

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。